便利になった携帯電話の歴史

いつから携帯電話は現れたのでしょうか。1980年代、自動車電話として提供されていた電話を持ち歩けるようにした電話から始まりました。
思いながらもショルダーになっていて持ち運びには便利でした。
そして、電波の普及が改善され電話機の小型化や軽量化、低価格化も急激に進み、1990年代後半に普及しました。
この頃、通話料で利益を上げる「1円電話」が流行ったのです。短期間で携帯電話の機種を変更したという方も少なくないでしょう。


それから、通話よりもデータ通信を重視したサービスの展開が始まり、高速通信が可能になり品質のよいサービスが提供されています。今ではデジタル機能やGPS機能など様々な機能が搭載されるようになりました。
携帯電話というよりも携帯端末の機能を持った機器と言ってもよいでしょう。現在では、一家に複数の携帯電話があるような世帯が多くなっています。しかしこれは国によって異なり、日本のような急激な普及が進んでいない国もあります。
携帯電話はスマートフォンに移り、これからもっと発展する分野でしょう。
わたしが持っている携帯電話はいまだにスマートフォンではなく、ガラパゴス携帯です。でも、周りの人たちはほとんどがスマートフォンに変えています。特に独身の人たちはスマートフォン率が高いです。
わたしたち夫婦はその中でもガラケーでがんばっています。
特にわたしは専業主婦をしているので、外出するのは買い物ぐらいで外にいる時間がとても少ないのです。
だから、外で何か携帯電話で情報を得たいと思う事もないですし、長時間電車に乗って暇だから携帯電話で何かしようという気持ちも起こりません。


そんなわたしですから、主婦に携帯電話は必要であっても、スマートフォンは必要ないのではないかと思っています。
ですが、最近は専業主婦であってもスマートフォンを持っている人が多いです。家のパソコンでネットすれば済むことなのになとわたしは思うのですが、それぞれの家庭のことですからそんなに気にしていません。
何よりわたしが一番に考えているのは携帯電話の通話料金のことです。家計を預かる主婦としてはこれ以上携帯電話代を高くしたくないのです。もしふつうのガラケーで困らないのであればこれからもずっとガラケーを持ち歩きたいと思います。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。